ご挨拶

店長の日高です。 私の自宅でも薪ストーブ(ヨツールF400)を長年愛用しています。 冬になれば、仕事で疲れた身体と頭が炎でゆっくり癒やされる時間は至福のひとときです。 また夏場の薪割りは運動不足解消にもなり、薪ストーブは年間を通して私のライフスタイルの一部となっています。 寒さをときめきにかえる薪ストーブライフを、ひとりでも多くの方に安心して末永くお楽しみいただくために、まずは自分自信が全力で今を愉しんでいます♪ 輸入商品が多くご注文後すこしお待ち頂く商品もありますが、品揃えはもちろん、薪ストーブに関するあたたかで適切な情報を掲載し、みなさまの暮らしにときめきをご提供できるよう、さらに研究して参ります。♪

カレンダー

色々選べる薪割り用斧

体が大きいひとにおススメの薪割り用斧


薪割り用斧といっても、様々な大きさや形の物が販売されています。その為、使用する薪の大きさや種類。使用する人によって、自分にあった斧を選ぶ事が大切になってきます。 そんな、薪割り用斧選び。特に体の大きな人におススメの薪割り用斧と言えば、大斧をおススメする事ができます。大斧とは、全長90センチ以上にもなる斧を言います。その為、小柄な人では、扱いにくい斧という事が言えるのです。 また、薪割り用斧には、日本製と海外製の物があります。日本製の場合、比較的、小柄な日本人が使いやすいようにと柄が長くなっていて、ヘッドが軽くなっているものが多くなっています。その為、小柄な日本人でも大きく振って、力を発揮しやすいように工夫されているのです。 その反面、海外製の薪割用の斧の場合は、柄の短いものが多く、ヘッドの重さにおいては、様々な種類が販売されています。外国人のように体の大きな人だとヘッドが重くても、振り回す事ができるため、このような仕様になっているものが多くなっているようです。その方が、薪に与える衝撃を強くする事ができ、効率よく作業を行う事ができるのです。 このような事から、日本人でも体の大きな人の場合は、大斧で、しかも、海外製の斧を使う事で、効率よく薪割を行う事ができるという事が言えるのです。

女性にも優しい薪割り用斧


薪割りを行う人の中には、女性の人もいると思います。その場合、その薪割り用斧選びは少し慎重に行わなければいけません。女性の場合、力が弱い人が多く、薪割は非常に大変な作業になってきます。そんな大変な薪割作業を少しでも楽に行う為には、薪割り用斧を自分にあったものを選ぶ事が大切なのです。 女性の場合は、まず、小さめの斧を選ぶ事から始めます。大きな斧の場合、柄も長くなってしまい、どうしても薪割作業が大変になってきてしまいます。また、大きな釜という事は、その分、重くなってきてしまいます。そうすると、力の弱い女性にとっては斧を振り回す事すら、難しくなってきてしまうのです。 そのような事を考えても、女性の場合は、小さな斧で、しかも、軽めの薪割り用斧を選ぶ事で、無理なく薪割を行う事ができるようになってきます。 しかし、その分、薪割り用斧が小さくなればなるほど、一度にかかる力は、どうしても少なくなってきてしまうので、薪を割る為に斧を振る回数は増えてきてしまいます。その為、作業効率が悪く、薪割に時間がかかってしまう事もあります。そのような事を考慮しながら、小さければ良いと言う薪割り用斧選びではなく、自分にあった斧選びを行う事が大切になってくるのです。

お子さんと一緒に焚き付け作り♪薪割り用斧


薪ストーブを使用する場合、薪割は大切な作業になってきますが、それと同じく、薪ストーブを使用するたびに必要になってくる焚き付け作りも、とても大切な作業になってきます。そんな、焚き付け作り。薪割はお父さんに任せて、焚き付けはお子さんが行ってみてはいかがでしょうか。 焚き付けは、細くてよく乾燥した木が一番と言われています。 そんな、焚き付け木を子供と一緒に準備する場合、子供にあった薪割り用斧を購入する事をお勧めします。子供の場合、大人用の薪薪割り用斧では、危険が大きくなってくる事も考えられます。その為、必ず子供用を準備します。 また、焚き付けの場合は、さほど大きな斧は必要ないため、大人が焚き付け用の木材を薪割する場合も、大きな薪割り用斧 は必要ないかと思います。そんな、子供が焚き付け用の薪割を行う場合に斧としては、片手で使用する事ができる大きさ、重さの物がお勧めです。また、刃が細い方が子供でも作業しやすいと思います。片手で、斧を使用する事が出来る事から、リズムよく、さほど力を入れずに焚き付け作りを行う事ができ、子供でも簡単に作業を行う事ができると思います。 このように、お子さんと焚き付け作りを行う場合は、必ず子供にあった斧を使用し、安全確認を行ったうえで、楽しく作業を行う事が大切になってきます。


【お気に入りの薪割り斧がきっと見つかる!薪割り斧商品一覧はこちらから】
c 2014 NISSEI KOSAN Co.,Ltd.