ご挨拶

店長の日高です。 私の自宅でも薪ストーブ(ヨツールF400)を長年愛用しています。 冬になれば、仕事で疲れた身体と頭が炎でゆっくり癒やされる時間は至福のひとときです。 また夏場の薪割りは運動不足解消にもなり、薪ストーブは年間を通して私のライフスタイルの一部となっています。 寒さをときめきにかえる薪ストーブライフを、ひとりでも多くの方に安心して末永くお楽しみいただくために、まずは自分自信が全力で今を愉しんでいます♪ 輸入商品が多くご注文後すこしお待ち頂く商品もありますが、品揃えはもちろん、薪ストーブに関するあたたかで適切な情報を掲載し、みなさまの暮らしにときめきをご提供できるよう、さらに研究して参ります。♪

カレンダー

自分の身体に合った斧で薪割りしよう

斧の重さで変わる薪割り


斧の重さは薪割りに大きな影響を及ぼす部分であり、軽すぎるとすぐに割ることができず、重すぎると斧を振りかざすことができません。重量を利用して割るような形で仕事をすることになるので、基本的にある程度の重さが無ければなりません。斧 薪割りを上手く成功させるためには、それなりの重さをかけられるようにすることが重要で、そのためには重さを考えた選び方が重要となります。 斧 薪割りは軽いものは振りかざしやすくなるので、一見するとすぐに割れるように思われます。しかし実際には全く割れなくて、何度も同じことを繰り返すことになります。一番の問題は食い込みが一切できないことであり、食い込みを作るための時間がかかり、すぐに薪割りが終わらないのです。そのためある程度の重量をかけられる斧 薪割りを使うのですが、重すぎると持ち上げることができず、作業効率がよくありません。 ある程度重さを考えて選ぶことが重要であり、軽すぎず重すぎずを考えてください。楽をして薪割りが出来るほど甘くはありませんし、斧 薪割りによって感覚が変わり、思ったようにいかないことだってあります。一番適切な部分を見つけることが重要ですが、そのためには斧選びが大切であり、自分の実力に合ったものを探すことになります。

体格に合った斧で薪割りしよう


自分の体格に合った斧 薪割りを利用しないと、薪割りをスムーズに行うことができません。斧が長すぎて体格に合わなかったり、短すぎて全く狙いを付けられない状態だと、作業効率はどんどん悪くなってしまうのです。どのくらいの長さを利用するのかも重要なポイントであり、持ち手の長さについては十分に検討してから選んでください。出来れば実際に持って確かめる方がいいです。 斧 薪割りは長いものと短いものが販売されていますが、これらは身長に合わせて選べるようになっているのです。斧 薪割りの際は基本的に振りかざした時に頭の上に刃が来ていて、なお且つ下ろせるような長さであれば問題はありません。短すぎると顔に来ることになるため、非常に危険な状態となります。長すぎると持ち上げることができず、薪割りどころではない状態が生まれるので、こちらもいいことではありません。 実際には薪割りの前に、長さが合っているか確かめた方がいいです。斧 薪割りによっては結構変わってくる部分もありますし、何よりも斧でしっかり重量をかけるためには、ある程度の長さが柄に無ければなりません。そのため実際に持った時、あまりにも短いなら使いづらいと考えてください。長すぎる場合は持つ位置で修正はできますが、残りすぎると今度は使いづらく感じます。

長さと重さのバランスが秘訣


斧 薪割りの際には斧のバランスが重要であり、長さと重さを両立させると良い感じに続けることができます。バランスがしっかりしている斧 薪割りについては、持ち上げる時に結構簡単に上がりますし、振り下ろす時に重量感があります。軽すぎるとこれが無くて、薪に当たっても全く効果が得られませんので、割ることができません。重すぎると持ち上げることができず、作業することもままなりません。 長い斧 薪割りでも重量に違いがあるので、実際に持って確かめると同時に、重すぎると感じたらもう少し軽いものを探してください。ただそれによって柄の部分が短くなってしまうと、今度は自分に危険な状態となります。斧 薪割りはバランスを取って使わなければならないので、重すぎると思ったら少し軽くして、短いと思ったらある程度長いものを購入することを考えてください。 こうしてバランスをしっかり取って行けば、薪割りを簡単に続けられるようになります。バランスの悪いものでは割る姿勢もどんどん悪くなり、負担が非常に強いものとなります。斧1つで大きな変化が見えるくらいですから、とりあえずバランスのいいものから持って、それでもちょっとしっくりこないならもう少し長いものか、重い物を探してください。適正な物なら斧 薪割り で薪割りは楽に終わります。



【お気に入りの薪割り斧がきっと見つかる!薪割り斧商品一覧はこちらから】
c 2014 NISSEI KOSAN Co.,Ltd.