薪の種類

薪は使用用途によって種類を使い分ける必要があります。
まず、着火時には枝や細く割った焚きつけ用の薪が必要です。
その他、中ぐらい、少し太めに割った薪を用意します。
太さによって燃焼時間が変わりますので、長時間燃やしたい場合は太めの薪を使用します。

火力を一気に上げたい時は細めから中くらいの薪をたくさんくべることで、火力を上げることができるので、
太めばかりの薪を用意せずそれぞれバランス良く薪を用意しておくことが大切です。

薪は、太さだけではなく木の種類も大切な要素です。
一般的に、薪に適しているのは広葉樹(サクラ、ケヤキ、ブナ等)だとされています。
針葉樹(マツ、スギ、ヒノキ等)は広葉樹にくらべ煤が出やすいとされているため、敬遠されがちですが、着火性が高く、薪割りが楽なのは針葉樹なので、それぞれの特徴を知り、自分が使いやすいものを選ぶのがいいと思います。

ミズナラ、けやきの木などは良質の薪とされていて熱量も高く、薪割りもそれほど難しくありません。
しかし、良質な薪は確保が難しかったり、買う場合値段が高かったりします。
そこまで、良質なものでなくても、十分薪としては使えますので、確保しやすいも木を探して、その特徴を調べて使うとよいでしょう。
また、最近は廃材などを薪として使う人もいます。
細い板などは、長時間は持ちませんが、焚きつけなどで併用すると、薪の確保の幅が広がると思います。
ただ、塗装しているものなどは、有害物質がでたりしますので気をつけてください。

薪割り道具
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!