使用用途に合った大きさの薪を作ろう!

薪ストーブやキャンプなどで必要となる薪ですが、使用用途に合った大きさの薪を作る必要があります。
使用用途に合った大きさの薪は、簡単に分けて3種類あります。
ここでは、使用用途に合った大きさの薪の種類をご紹介します。

薪割りについて

焚き付け用(直径2cm前後)

焚き付け用の薪は、主に火を付ける際に着火剤等と一緒にくべるのに使用する細い薪です。
キャンプなどでの焚火で主に使用する薪です。
キャンプ場や森林に落ちている枝を焚き付け薪の代わりとして使用する事もできます。

薪割り

中サイズの薪(直径約5cm前後)

中サイズの薪は、主に薪ストーブなどの火力を調整するのに使用します。
火力を上げたいときに多めに投入すると火力が上がります。

薪割り

太い薪(直径約10cm前後)

太い薪は、長時間薪ストーブなどの火を持たせるために使用します。
一般的には、焚き付け用の薪、中サイズの薪で火を育て、最後に太い薪を使用します。

使用用途に合った大きさの薪をバランスよく用意しておく必要があります。

薪割り 道具
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!