斧の長さと重さのバランス

斧 薪割りの際には斧のバランスが重要であり、長さと重さを両立させると良い感じに続けることができます。
バランスがしっかりしている斧 薪割りについては、持ち上げる時に結構簡単に上がりますし、振り下ろす時に重量感があります。

軽すぎるとこれが無くて、斧が薪に当たっても全く効果が得られませんので、割ることができません。
重すぎると斧を持ち上げることができず、作業することもままなりません。
長い斧でも重量に違いがあるので、実際に持って確かめると同時に、重すぎると感じたらもう少し軽いものをお探してください。

ただそれによって柄の部分が短くなってしまうと、今度は自分に危険な状態となります。
斧はバランスを取って使わなければならないので、重すぎると思ったら少し軽くして、短いと思ったらある程度長いものを購入することを考えてください。

こうしてバランスをしっかり取って行けば、薪割りを簡単に長く続けられるようになります。
バランスの悪いものでは割る姿勢もどんどん悪くなり、負担を非常に強いものとなります。
斧1つで大きな変化が見えるくらいですから、とりあえずバランスのいいものから持って、それでもちょっとしっくりこないならもう少し長いものか、重い斧をお探しください。
適正な斧でなら薪割りは楽に終わります。

薪割り道具
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!