手斧(ハンドアックス)・鉈の種類(違い)

手斧と鉈の違いやどちらが使いやすいかなど考える方が多いと思います。
手斧の方が重量があるから割りやすい、鉈の方が軽くて使いやすいなど意見が分かれると思います。
どちらも薪の割り方はあまり変わりませんので、できるだけ怪我をしないように自分が使いやすい方で薪割りをすることをおすすめします。
簡単にですが、手斧(ハンドアックス)・鉈の種類(違い)をご紹介します。

斧について

手斧・ハンドアックス(焚き付け向け)

焚き付け向けの手斧は、ヘッドにある程度重みのあるものがおすすめです。
ある程度重みがある振る力と斧の重みで薪を割ることができます。

薪割り

手斧・ハンドアックス(枝切り向け)

枝切り向けの手斧、軽量でコンパクトなものがオススメです。
枝を切る時は、片手で枝を掴んで斧で切り落とすことが多いので片手でも無理なく振れ、取り回しがしやすいコンパクトなものの方が、枝を切り落としやすいです。

薪割り

鉈の種類(片刃)

片刃の鉈は、薪を割るより木の表面を剥いだり枝切りをするのにおすすめです。
一般的に多く販売されている鉈は、片刃のものが多いです。

薪割り 道具

鉈の種類(両刃)

両刃の鉈は、木の表面をはいだり枝切りをするより、薪を割るのにおすすめです。
両サイドに刃が膨らんでいるのは、薪に深く刺さ手も抜きやすいです。

薪割り 道具
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!