ラプアン カンクリのテキスタイルの故郷をたどって

熟練された職人さんを辿る

北欧フィンランドの小さな街Lapuaにて、1973年に創業したテキスタイルメーカー「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」。
ワンランク上の天然素材を使ったテキスタイルアイテムが特徴で熟練された職人さんの手によって生み出されています。

LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)とは、「Lapua(フィンランド西部にある街)の織り手たち」 という意味。
ブランド名の通り、上質なウール素材が世界中でも認められており、100%ウールのあったかやわらかな肌ざわりは、フィンランドでももちろん大人気です。

ラプアンカンクリテキスタイル

品質の高い丁寧さが、保温の秘密

日本では残念ながら安価な化学繊維の出番が多いですが北欧で当たり前になっている素材は何だと思いますか?それはもちろん上質な羊の毛だけを使ったウール100%の素材です。

素材そのものに空気を巻き込むことができる暖かさは化学繊維にはできないウールの特徴。
寒い冬を過ごす北欧の人々にとってなくてはならない存在なのでしょうね。

ラプアン カンクリ ショールはそんな国で誇りを高く持ちつつも、 丁寧に作られているので、その保温力が世界中に認められるほど優れているのですね。

ラプアンカンクリテキスタイル

透明感と存在感のあるテキスタイル

天然素材にこだわったテキスタイルをつねに作り続けているラプアンカンクリ。
その糸が縫製され製品となるまでの作業は、自社工場で行われています。

ラプアン カンクリが目指しているのは、一般家庭になじむ高品質なテキスタイルをデザインし続けること。
一部の選ばれた人ではなく「一般家庭に」・・というコンセプトがまさに北欧的ですね。

そういうコンセプトが原点にあるからこそ、多くの人が魅了される透明感と存在感のある美しいアイテムを創ることができ、それがまた国内外で注目を集める理由なのでしょうね。

ラプアンカンクリテキスタイル
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!