湯たんぽでどこを温める!?

湯たんぽで身体を温める!?

近年では、湯たんぽはお布団を温めるだけのものではなく、身体に湯たんぽを当て冷えた部位を直接温めている人が多くいます。 湯たんぽには、いろんな材質、形状のものがあり、材質別に湯たんぽを分けると、金属製(トタン、スチール、ステンレス、銅)、ポリ製、PVC製、陶器製、ゴム製、ウェットスーツ素材など様々です。
身体の冷えた箇所を直接温めるのには、PVC製かウェットスーツ素材がおすすめです。とってもやわらかく身体にフィットとして温かさとやわらかさが心地よいです。

fashy

湯たんぽで温める場所とは!?

湯たんぽを使って冷えた身体を温める時に、まずどこを温めますか? 多くの人は、冷えが感じやすい足元を温めるのではないでしょうか。 冷え切った足先を湯たんぽで温めると血液の流れが滞っていたのが、スムーズに流れるようになりとっても心地よい感じになりますよね。
さらに、身体全体を温めるには、お腹や太ももを温めるとよいですよ。お腹には内蔵があり、太ももには大きな血管があるので、そこを温めることで温かい血液が全身をまわり身体全体が温まります。ぜひお試しください。

fashy湯たんぽ

身体を部分的に温めるならやわらか湯たんぽ

身体を部分的に温めるのにとっても便利な湯たんぽがあるんです。その名は、「クロッツ やわらか湯たんぽ」です。ウェットスーツ素材で、とってもやわらかく、湯たんぽカバーなしでも低温やけどしにくいのが特徴です。そして、肩を温めるのに肩用専用の湯たんぽがあり、おしりを温めるのには座布団型、足元を温めるのに足専用の湯たんぽがあるんです。あたためる身体の部位専用の湯たんぽだから、温めたい箇所が確実にあたためるように考えられているので、とっても温めやすくておすすめです。

湯たんぽ
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!