湯たんぽのお湯の温度について

湯たんぽのお湯は何度ぐらいのお湯を入れるの?

湯たんぽをいざ使おうとした時、ふとした疑問が・・・・。
お湯って沸騰したお湯を入れてもいいのだろうか?と・・・。
答えは、沸騰したお湯が少し冷めた70~80℃ぐらいのお湯をいれてください。
湯たんぽの種類によっては、耐熱温度が違いますので、確認の上ご使用くださいね。

湯たんぽ温度

部分的な温める時の湯たんぽの温度

湯たんぽは、布団を温めるだけのものではありません。最近では、冷えとりのために、お腹や腰、足先など部分的に直接温め冷えとりしている人が多くいます。その場合は、お肌に半直接的に触れるので、低温やけどの観点からお湯はぬるめに60℃ぐらいのお湯を入れ、湯たんぽカバーを使用して、身体に当てる位置を変えながら温めてください。

湯たんぽ温度

湯たんぽのお湯の温度を保つためにすること

湯たんぽのお湯の温度をなるべく下げずに保温時間を長くしたいものです。 その方法は、湯たんぽカバーに入れて使用する。なければ、バスタオルや毛布で包むなどして外気に当てないようにしてください。
保温時間は、お湯の量、お湯の温度により大きく変化します。湯たんぽをご購入の際には、湯たんぽ自体の耐熱温度、容量が大きいものが保温時間を長くすることができます。

湯たんぽ温度
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!